【2019年】Amazonで買ってよかったモノを公開中!

東京湾の海ってこんな風になっているんだ「しながわ水族館(東京都)」に行きました

少しダークネスな雰囲気がありながらも、
東京湾を題材にした水槽」や、「渓流魚(ヤマメ、ニジマス、イワナ)の水槽」が展示されていてコンパクトながら見応えのある水族館です!

お買い物帰りや仕事帰り、SDGsに思いを馳せたくなったときにふらっと吸い寄せられる魔力があります。

こんな人におすすめ
  • 東京湾の汚さを見たことがある人
  • 渓流魚(ヤマメ、ニジマス、イワナ)が好きな人
  • 東京23区に住んでいる人

京浜急行「大森海岸駅」から徒歩8分で行ける

「しながわ」の名前を冠していますが品川駅ではなく京浜急行の大森海岸駅で降車します。

少し歩くと時代を感じる建物が見えてきます。

画像1

少し遅めの時間に行ったためなのか全体的に暗めな雰囲気でした。

ただ、ここにいたるまでの間に池(改修中)もあり、東京の一等地にこれだけの広さのパークはそうそうないぞ、これは期待できるぞと入館しました。

ヤマメ!イワナ!ニジマス!のゴージャスなお出迎え!

画像2

まず出迎えてくれたのは、なんと、ヤマメ!イワナ!ニジマス!
豪華な面々に脚がガクガクし、思わずしゃがみこんで見つめてしまいました。

渓流の魚を展示している水族館は結構レアなのですが、しながわ水族館は違いました。しょっぱなにぶつけてくるぐらいイカれています。

東京湾の汚さがなんかリアルで生物のたくましさを感じる

画像3

しながわ水族館は、写真の通り東京湾を模した展示となっており、さながら東京湾に本当に魚がこういう感じでいるんだろうなあと想像させてくれます

下の方にいる白いやつはたぶんウツボなのですが、東京湾とドカンとウツボってなんか相性いいですね。

実際の東京湾にはこんなにうじゃうじゃと魚はいないと思うのですが、そこは水族館。
思っていたよりもたくさんいます。東京だけにさながら満員電車ですね。

ペンギンはマゼランペンギンのみだが近め

画像4

ペンギンも、マゼランペンギンだけいますが結構近いです。

あまり力は入れていなそうですが、ちょうどフィーディングタイムだったのか魚を食べていましたが、おいしい魚とおいしくない魚がいるのか、くわえては捨て、くわえては捨てを繰り返していました。

画像5

ちょうどもぐもぐシーンが撮れました。やった。

その他は消化試合

画像6

クラゲです。

画像7

毒がありそうな魚です。

画像8

脱出を企てているカエルです。

画像9

貯金箱のようなFFの中ボスぐらいで出てきそうなオブジェクトがありました。

画像10

目が飛び出ている。
そういえば、入館して早々に小学生ぐらいの男の子が暗いところに行きたいってずっと親御さんに頼み込んでいました。

画像11

気がついたら出口から外に出ていました。
なんかすごい色の木があったのですがこういうところが「しながわ水族館」って感じであまりの気軽さにまた行きたいと思いました

画像12

家でシェイク飲みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です